多くの労力がある

インテリアを考える

注文住宅を建てる場合設計段階でかなりの労力を使い果たし工事現場へ足を運ぶ機会が少ないという施主の方も多いのです。工事現場を管理する現場監督や工事監理者は施工会社によって決められこうした担当者が現場が図面通りにできているかを確認、指示を行っています。しかし建築会社に所属している人である場合がほとんどで場合によっては欠陥や不具合があっても会社側の立場にたってわざと見逃すというケースもあるのです。もちろん技術や知識がなくきちんと管理できないという不具合もあります。こうした場合ほとんどは日常生活において重大な不具合を発生させることはありません。しかしいざ地震などの非常事態が発生した際には重大な欠陥に発展しかねずきちんとチェックしてもらう必要があるのです。この際に施主が現場に足を運ばなければ後回しにされるといった建築会社もあり注意が必要です。

ハウスメーカーの場合現場監督など現場を管理する人間がいます。呼び方は建築会社によって異なる場合がありますが、一軒の予算を組んだり、設計図通りに発注したり現場の工程を管理するために必要な業務です。更に注文住宅の場合設計図通りに住宅が完成しているかをチェックする必要があります。注文住宅は全く同じ住宅というものは二つとして存在しません。そうなると図面と照らし合わせて間取りをチェックしおさまりを支持する必要があります。図面では描けていても現場では複雑に様々な材料を使用して一軒の住宅を完成させています。本来は図面上でこうしたおさまりを想像し事前に不具合を回避することも求められるのですが経験が未熟な現場監督の場合こうした判断ができない人も多いのです。注文住宅においてはとくに豊かな経験と知識が必要になります。現場監督の質も頑丈な住宅を建築する際には重要な要素です。